松田権六の言葉

日本一のうるしバカを目指す男、うるしエバンジェリストの渡邊嘉久です。

漆工芸史に名を残す名匠として「漆聖」とも称される松田権六(まつだごんろく)という人がいました。

松田権六先生の有名な言葉があります。

松田権六先生曰く「毎日一案は図案を描く。そうするとひと月に30案、1年で365案だから、700、1000案くらいはわけのないことだ。いかに頭の弱い人でも、1000案のあいだに5つから10はすばらしい案があるに決まっている。」

この言葉をオマージュしました。

なべ曰く「毎日1つはブログを書く。そうするとひと月に30ブログ、1年で365ブログだから、700,1000ブログくらいはわけのないことだ。いかに頭の弱い人でも、1000ブログのあいだに5つから10はすばらしいブログがあるに決まっている。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする