未分類
ありがとうエリシオン

14年間 13万7千km 僕の愛車としてがんばってくれたエリシオンとお別れしました。 大きな故障もなく、まだまだ走れる状態で来年の車検の前までは乗ろうと思っていたのですが、予定を早めてお別れすることに。 僕は比較的長い間 […]

続きを読む
未分類
鏡の法則

無神経な人間が嫌いだ。 自分のおかれた立場や自分の実力を勘違いして、しゃしゃり出てくる人間。 まわりの状況を考えないで自分の言いたいことだけをしゃべり続ける人間。 自分の荷物が人の人の迷惑になっているのに、それに気づかな […]

続きを読む
戯れ言
ブログの継続を妨げるもの

ブログを毎日書くと宣言したものの、やっぱり毎日継続して書くことは容易ではありません。 なぜ毎日継続して書くことが容易ではないのか。 ネタがない。 時間がない。 やる気がない。 理由はいろいろ考えられる。 僕の場合、毎晩の […]

続きを読む
未分類
専門家の意見を鵜呑みにするな

今日は車で2時間弱のところへ現場作業に行ってきました。 昨年から手がけている修理物件です。 漆塗りの仕事に着手する前に、大工さんに大まかな解体作業をお願いしました。 その際、ある部分に取り付けられていた彫刻の取り外しがで […]

続きを読む
戯れ言
アメフト観戦は面白い

今日は、大阪までアメフト観戦に行ってきました。 会場は、先週の日曜日に近くで警官襲撃拳銃強奪事件があった場所の近く。 今日の試合が1週間前だったら、試合が中止になっていただろうから、事件が早期に解決し何よりでした。 実は […]

続きを読む
うるしの事
謎の蒔絵師 永田友治

今日は朝から南の方角に車で2時間ほどのところに漆塗りの現場作業。 仕事が早めに終わったので、帰り道はちょっと遠回りして信楽のMiho museumへ。 夏季特別展「謎の蒔絵師 永田友治 尾形光琳の後継者を名乗った男」を観 […]

続きを読む
彷徨える漆塗り職人
あまのじゃく 番外編

あまのじゃく 昔、昔といっても30年くらい前の話だが、彦根にアマノジャクというダイビングショップがあった。 二十代の中頃、西表島での体験ダイビングでクマノミの姿に魅力された僕は、ダイビングのCカードを取るために彦根にあっ […]

続きを読む
未分類
麦漆

漆は塗料としての使い道の他に接着剤として使うことがあります。 接着剤として使うときは、小麦粉や米糊と混ぜて使います。 木部の接着や金継ぎ修理のような陶器の接着の際には小麦粉と漆を混ぜた麦漆というものを使います。 麦漆の作 […]

続きを読む
未分類
職人の矜持

これから漆塗りの修理に取りかかる物件の確認に行ってきました。 見積りを作る際に大体の確認はしているのですが、近くで見ることができない部分もありました。 もうすぐ解体されるため物件のまわりに足場が組まれたので、傷み具合を間 […]

続きを読む
彷徨える漆塗り職人
彷徨える漆職人 4

第2創業とは名ばかりで、新たな事を始めたわけではないので、業務内容が変わったというわけではありませんでした。 しかし、将来に対する強い危機感はあります。 新しい法人の設立とほぼ同じ時期に始めたことがあります工芸ギャラリー […]

続きを読む