漆の仕事とサランラップ

漆の仕事とサランラップ

漆の仕事にはサランラップが必需品なんです。

何に使うかって?

漆を塗るときには漆を茶碗に入れて使うんですが、その茶碗のフタをサランラップでするんです。

錆という砥の粉と生漆を練ったものを保存するときもサランラップで包みます。

サランラップじゃないとダメなんです。

クレラップやダイヤラップじゃダメなんです。

クレラップやダイヤラップで漆の入った茶碗のフタをすると、ラップの下の漆の表面に膜が張ってしまいます。

同じようなラップに見えても成分の違いがあるんでしょうね。

どう違うのかは僕には説明できませんが、漆の仕事にはサランラップです。