余呉漆復活プロジェクト6月その4 上げ山

漆掻きで2辺目の帰りにキズをつけるの上げ山という。
6月20日火曜日、少し早めに仕事を切り上げて漆掻きをするために余呉に向かった。
18日の土曜日に目立てをしたばかりなので、2辺目のキズをつけるのはちょっと早いかとも思ったが、天気の関係や僕のスケジュールから考えて今日行っといたほうがいいと判断した。
まずは中之郷の木から。

20170621-222023.jpg
刃物の切れ味がイマイチでうまくキズがつけられない。
キズが長すぎたり、曲がったりしてしまう。
もう少し切れ味が良くなるように、次回までにはきっちりと研いでおこう。

上丹生の漆の木に移動する。
前回の目立ての痕を確認するが、ほとんど漆が出ていない。
漆の木が古いからなのか、日当たりが悪いからなのか、原因はわからない。

20170621-221949.jpg

2辺目の上げ山のキズをつける。
しばらく待っていたが、漆が出てくる気配はない。
徐々に漆が出るようになてくれたらいいのだが。

菅並まで足をのばしてみる。
トンネルを抜けてすぐのところに2本の漆の木があるのは先日から把握しているのだが、持ち主はまだ分かっていない。
集落のはずれに初老の男性がいたので、漆の木がある場所を告げると、持ち主の家まで案内いただけることに。
持ち主の女性に漆の木を好きにしていいという許可をいただく。
今日も収穫ありだ。

その後 、上丹生のいちばん下手にある漆の木下草刈りに。
新兵器の充電式草刈機だ。

20170621-222402.jpg
エンジン式はメンテナンスが大変なのと、早朝に人家の近くでは音が気になるので、メンテナンスが楽で音も静かな充電式にした。
充電式のデメリットは価格が高いこと。
会社のクレジットカードでポチッとしたが、不穏な空気が漂うことは避けられないであろう。

20170621-222108.jpg

草刈機で笹を刈り、ナタとノコギリでカズラを切る。
なかなか重労働だ。
このナタがあればクマと遭遇した時も戦えそうだ(笑)

20170621-222349.jpg

20170621-222432.jpg