うるしってどうやって採れるの?

うるしバカ日本一を目指しているなべです。

20160124-084419.jpg

うるしはどうやって採れるの?

うるしは漆の木の樹液です。

漆の木の表面に傷をつけるとその傷口から樹液が滲み出てきます。

それが漆です。

7年前に日本産漆の最大の産地である岩手県二戸市の浄法寺に一週間漆掻きの勉強に行っていたので、その時の写真を使って漆の採り方を説明します。

ちなみに、漆の木から樹液を採取することを「漆掻き」(うるしかき)といいます。

まずは、漆掻き専用の鎌で木の表面をきれいにします。

20160124-084458.jpg

次に、カンナと呼ばれる刃物で溝を切ります。

20160124-084525.jpg

しばらくすると、溝を切ったところに乳白色の漆の樹液が滲み出てきます。

20160124-084553.jpg

滲み出た樹液をヘラを使って掻きとります。

20160124-084622.jpg

20160124-084712.jpg

ちなみに、樹齢10~15年くらいの漆の木から1年間に採れる漆の量は200cc程度といわれています。
漆掻きのシーズンは6月から10月頃で1シーズンで漆を取り尽くしたら、その漆の木は切り倒されます。

漆塗りの職人で漆掻きを勉強に行く人間もたまにいるらしいですが、ちょっと変わり者が多いようです。

一応これで僕もうるしバカを名乗る資格ありと思ってます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする