知人が個展を開催 DMが届いたら

日本一のうるしバカを目指す男、うるしエバンジェリストの渡邊嘉久です。

先日、取引先の営業マンAさんにあることを相談されました。

Aさんの友達の陶芸家が今度初めての個展を開催することになって、その個展のDMが届いたそうです。

Aさんは、その個展を見に行くことにしているが、花を贈ったりお菓子とか手土産を持っていた方がいいだろうか?というのが相談の内容でした。

作り手でもありギャラリーをやっているということから、僕に相談したようです。

「陶芸家の友達は、Aさんが個展を見に来てくれるだけで嬉しいと思う。

花をもらったり手土産をもらったりするのももちろん嬉しいけど、それ以上に嬉しいのが作品を買ってもらうことだと思いますよ。

何万円も何十万円もするものばかりで、なかなか手が出しにくい作品の場合は別にして、数千円の値段が付いているものなら、ぜひ買ってみたら」

と相談に答えました。

以前、ギャラリー八草であったことですが、ある作家さんが初めての個展をされました。

その作家さんのお友達や知人の方が何人も見にきてくださり、中には花を持って来てくださったり、お菓子を差し入れしてくださったり。

かなり高価そうなお花や手土産も。

その作家さんの作品は安いものなら2千円くらいからあったのですが、買ってもらえない。

お客さんが帰られてから作家さんがボソッとつぶやいた言葉が「僕の作品は、この花やこのお菓子より値打ちがないってことだよね」

二人で笑うありませんでした。

花やお菓子を持って来てくれた人は、気を使って差し入れしてくださったと思いますが、作家さんにとっては、何千円もするお花やお菓子をもらうより2千円の作品を買ってもらう方が嬉しんですよね。

これから展覧会のシーズンです。

友人知人から展覧会の案内が届いたら、ぜひ観に行ってください。

もし気に入った作品があったら、ぜひ買ってみてください。

「こんなもの買っても邪魔になるだけ」

「こんなもん買うて帰ったら嫁さんに怒られるわ」

と思われても、絶対に口には出さないでください(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする