漆の魅力を伝えよう うるしエバンジェリスト

日本一のうるしバカを目指す男、うるしエバンジェリストの渡邊嘉久です。

今日から新しいキャッチフレーズを作りました。

うるしエバンジェリストです。

漆の魅力を伝える伝道者です。

日本初のうるしエバンジェリスト。

スゴクないですか?

スゴクないですよね。勝手に言ってるだけですから(笑)

エクスマエバンジェリストからパクりました。

いやいや、オマージュしました。

先日、余呉漆のことをブログに書いてFacebookで紹介したところ、早速取材の申し込みがあり、本日2月5日の滋賀夕刊というローカル夕刊紙に掲載していただきました。

20160205-220121.jpg

取材の際に、記者の方から「漆の魅力って何ですか?」と質問を受けました。

漆の魅力ってなに?

・色艶

・手触り 口当たりの良さ

・使えば使うほど良い色艶になり味が出てくる

・環境に優しくサスティナブルな天然素材

などなど、言葉では言い尽くせないほどの魅力がある。

今までから、メディアの取材を受けるたびに「漆の魅力とは?」と問われてきました。

今回も、記者の質問に拙い言葉で漆の魅力を伝えました。

その時、気づいたんです。

漆の魅力を伝えることこそ、うるしバカがすることなんだと。

自分の作ったモノ、自分の技術だけを伝えるんじゃないんだ。

うるしが塗られたモノを使うことによって、どんな幸せな体験をしてもらえるのか。

どんな時間、どんな空間を手に入れてもらうことができるのか。

うるし製品を使ってくださる人が幸せになるように、うるしの魅力を伝えていこう。

日本初のうるしエバンジェリストの誕生です。