漆がよく乾く

この季節、漆がよく乾きます。

漆は、空気中の水分と反応して乾きます。

乾くというより硬化するという表現の方が当てはまるのですが、湿度の高い梅雨の時期は漆がよく乾くんです。

漆が乾くというのは、成分の酵素(ラッカーゼ)が、水分の中の酸素を取り込んで反応し、
ウルシオールが液体から固体になっていくことです。
漆が乾くには、温度が25~30℃、湿度が70%程度が最も良いとされています。
梅雨のこの時期が、漆が一番よく乾きます。

漆がよく乾くのはいいんですけど、乾きすぎて失敗することも多いのがこの時期。

漆が乾くときに、表面と内部の乾くスピードが大きく違うと表面が縮んでしまうことがあります。

塗膜が縮んでしまったら最期、縮んだ塗膜とめくりとって塗り直すしかありません。

縮まないようにするには、厚塗りをしないようにしたり、乾きの遅い漆を使ったりします。

厚塗りをしないようにするといっても、塗膜が薄すぎると綺麗な塗面ができないので、ほどほどの厚さに塗る必要があり、そこで失敗してしまうことがあります。

そこが職人の腕の見せ所かもしれませんが・・・・・。

急いでいるものに限って失敗してしまう、うるしバカです。

拭き漆をするときも、漆が早く乾きすぎて困ることがあります。

拭き漆というのは、木地に生漆を塗った後、ウェスなどで生漆を拭き取るのですが、漆が早く乾くと拭き取る際に漆がコテコテになってしまい、うまく拭き取れなくなってしまいます。

そのときは、溶剤で漆を拭き取ってしまい、もう一回やり直し。

漆がよく乾くのはいいけれど、神経も使う梅雨時です。

日本一の漆バカを目指す男、渡邊嘉久でした。